お問い合わせ

LOGIN ログイン

ブランド一覧

2020-03-01
カテゴリトップ>パテントマップから見た特許情報分析資料>技術開発調査報告書(業界企業別)
「インキ業界10社」技術開発実態分析調査報告書■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2010年11月25日
■資料体裁:A4版、全268頁、簡易製本
■ISBN:978-4-904967-30-0




★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

1.調査目的
 「インキ業界10社」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どのインキ関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)最近注目する技術は何なのか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
等を明確にして、知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。
 <インキ業界10社>
 1. DIC 2. 東洋インキ製造 3.ぺんてる 4. 荒川化学工業
 5.サクラクレパス 6. 太陽インキ製造 7. DNPファインケミカル福島
 8. サカタインクス 9. 帝国インキ製造 10. 東京インキ

2.特許情報の収集と処理
 本調査報告書は、「インキ業界10社」に関する過去10年間(国内公開日:2000年〜2009年)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、 検索、収集した。また、報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は11,718件である。

3.報告書の構成
本報告書は、次の3つの部分から構成されている。

1.パテントマップ編
 A.技術開発成果(公開件数の推移)
 B.技術開発リソース(発明者の状況)
 C.技術開発分野(特許分類、キーワードの分析)
   ※キーワードは、発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 D.インキ業界10社比較分析
 E.インキ業界10社個別分析
 F. 特定2社(DICと東洋インキ製造)の比較分析

2.パテントチャート編

3.総括コメント

4. 本報告書の特徴
 ●「インキ業界10社」に関する技術動向が分かりやすく把握できる
 ●パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい
 ●パテントマップViewer(添付ソフト)により、パテントマップおよびパテントチャート
  の当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編
A.技術開発成果(公開件数の推移)
A-1. 公開件数の推移(年次と累計)
A-2. 公開件数と新規発明者数の推移(年次)
A-3. 出願人別公開件数ランキング(上位50)
A-4. 出願人別公開件数グロスランキング(上位20)

B.技術開発リソース(発明者の状況)
B-1.  発明者数の推移(年次と累計)
B-2.  新規発明者数の推移(年次と累計)
B-3.  発明者別公開件数ランキング(上位50)
B-4.  発明者の公開件数*FIサブグループ分類数の比較(上位20)

C.技術開発分野(特許分類、キーワードの分析)
C-1.分類数の推移
C-1-1.新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
C-1-2.新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
C-1-3.新規FI分類数の推移(年次と累計)
C-1-4.新規Fタームテーマコード分類数の推移(年次と累計)
C-1-5.新規Fターム分類数の推移(年次と累計)

C-2.分類別公開件数
C-2-1.FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)C-2-2.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-3.FI分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-4.Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-5.Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-6.FIメイングループ分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-7.FIサブグループ分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-8.FI分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-9.Fタームテーマコード分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-10.Fターム分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-11.FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-12.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-13.FI分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-14.Fタームテーマコード分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-15.Fターム分類別公開件数の推移(上位40、累計)

C-3.分類別展開
C-3-1.FIメイングループ分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-2.FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-3.FIサブグループ分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-4.FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-5.FI分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-6.FI分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-7.Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-8.Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-9.Fターム分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-10.Fターム分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-11.FIメイングループ分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-3-12.FIサブグループ分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-3-13.FI分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-3-14.Fタームテーマコード分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-3-15.Fターム分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)

C-4.キーワード分析
C-4-1.キーワード別公開件数ランキング(上位100)
C-4-2.キーワード別公開件数の伸長率(上位50)
C-4-3.キーワード別出現・消失状況(上位80)
C-4-4.キーワード別出現・消失状況(最近出現80、公開件数5件以上)

D.インキ業界10社比較分析
D-1. 公開件数比較(期間着目:2期間+全体)
D-2. 公開件数の推移(累計)
D-3. 新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
D-4. 新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
D-5. 新規FI分類数の推移(累計)
D-6. 新規Fタームテーマコード分類数の推移(累計)
D-7. 新規Fターム分類数の推移(累計)
D-8. 新規発明者数の推移(累計)
D-9. 共同出願人数の推移(累計)
D-10.インキ業界10社間の公開件数相関
D-11.共同出願人上位20との公開件数相関
D-12.上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
D-13.上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
D-14.上位20FI分類との公開件数相関
D-15.上位20Fタームテーマコード分類との公開件数相関
D-16.上位20Fターム分類との公開件数相関
D-17.公開件数占有率
D-18.公開件数の伸びと構成率

E.インキ業界10社個別分析
E-1-*.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
E-2-*.Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
E-3-*.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
E-4-*.Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
E-5-*.FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近出現40)
E-6-*.Fターム分類別出現・消失状況(最近出現40)
E-7-*.FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50)
E-8-*.Fターム分類別公開件数伸長率(上位50)
E-9-*.FIサブグループ分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
E-10-*.Fターム分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
E-11-*.キーワード別公開件数ランキング(上位50)
E-12-*.独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
E-13-*.共同出願人との連携(上位50)
注:”*”はインキ業界10社が相当。

F.特定2社(DICと東洋インキ製造)の比較分析
F-1. FIメイングループ分類別公開件数推移比較(上位20)
F-2. FIサブグループ分類別公開件数推移比較(上位20)
F-3. FI分類別公開件数推移比較(上位20)
F-4. Fタームテーマコード分類別公開件数推移比較(上位20)
F-5. FIメイングループ分類別公開件数の伸長率比較(上位20)
F-6. FIサブグループ分類別公開件数の伸長率比較(上位20)
F-7. FI分類別公開件数の伸長率比較(上位20)
F-8. Fタームテーマコード分類別公開件数の伸長率比較(上位20)
F-9. Fターム分類(上位20)との公開件数相関

2.パテントチャート編
1.共同出願人九州大学の時系列チャート分析(2002年〜2009年)
2.共同出願人神奈川大学の時系列チャート分析(2002年〜2009年)
3.共同出願人九州大学の上位3FIサブグループ分類と上位3発明者のマトリクス
  チャート分析(2002年〜2009年)
4.共同出願人神奈川大学の上位3FIサブグループ分類と上位3発明者のマトリクス
  チャート分析(2002年〜2009年)

3.総括コメント

<参考資料>
【資料1】出願人統合リスト
【資料2】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方
【資料3】パテントマップ Viewer(添付ソフト)の使い方




価格
75,600円 (税込)送料無料
2〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

INFORMATION インフォメーション

お支払方法

お支払い方法は「クレジットカード、銀行振り込み、代金引換」からお選びいただけます。

info_shipping

送料について

●お買い物金額の合計が 10,000円以上の場合は送料無料。
●お買い物金額の合計が 10,000円未満の場合、全国一律650円。

お届け時間指定

●午前中(8-12時)、12-14時、14-16時、18-20時、20-21時よりご指定いただけます。

info_time

手数料について

銀行振込確認後に商品発送の場合 → 振り込み手数料はお客様負担となります。

お届け日数

在庫商品発送に関しましては「1週間以内」で発送させて頂いております。取り寄せ商品、品遅れの場合は、お申込受付後に電話またはメールにて納期ご連絡します。

返品・交換について

●返品・交換の際はには8日以内にご連絡ください。
●お客様のご都合の返金・返品・交換は基本的にお受けできませんのでご了承下さいませ。
●商品不要・配送中の破損・商品間違いなどは当店までご連絡ください。責任をもってお取替えいたします。(新しい商品お届け時に返送品をお取引させていただきます)
※返品時に商品パッケージに直接送付状を貼らないようご協力お願いします
●一度使用された商品やお客様で傷や汚れ生じた場合の返品・交換は一切お受けられませんのでご容赦下さい。
●商品の発送に関しては細心の注意をしていますが万一お届け商品が御注文商品と異なる場合、または配送中の破損等がありましたら3日以内に当店まで着払いにてお送り頂けますよう御願いいたします。
●返却希望の場合は、必ず事前にメールにてお知らせ下さい。当店への連絡無しによる返品はお受け致しませんのでご了承ください。
●下記のような場合はご注文のキャンセル又は返品をお受けできません。
1. お客様のご都合によるご注文のキャンセル・返品。
2. 到着した商品が自分のイメージと違う。
3. パソコンで見た色と異なる。(パソコン上で表示される色は各モニターの性能や設定により異なる場合がございます。)
●クーリングオフは訪問販売法で定められた法律であり、当店のような通信販売(インターネット販売)では適応されません 。

個人情報の保護

当社は、お客様からお預かりした個人情報(お名前・住所・電話番号等)は責任をもって保管し、 商品の発送業務以外、第3者に譲渡・提供することはございません。ご安心ください。

カラコンを愛用されている皆様へ

おしゃれ用のカラコン(度なし)が視力補正用のコンタクトレンズ(度付き)と同様に、「医療機器」として、規制の対象となりました。これに伴い、度あり、度なしカラコンは、薬事法上の医療機器販売業の許可を取得している販売店でないと、購入できなくなりました。

処方箋について

当ショップでは、お客様の目の健康の為に、任意で処方箋の提出をお願いしております。
処方箋の提出の際は、メールや郵送にてご提出いただいております。お持ちの方は support@girls-conatct.jp まで、画像データ(jpg/gif/pngなど)をお送りください。
ただし、処方箋の提出はあくまで任意です。一部メーカーでは、処方箋の提出が義務付けられている商品がございますが、当ショップではそのような商品は取り扱っておりませんので、処方箋をお送り頂かなくても基本的には商品はお送りしております。(なお薬事法上は、処方箋の提出義務はございません。)
※目の健康のため、眼科医による検診は定期的にお受け下さい。

度あり度なしレンズが業界No1クラスの品揃え 送料無料商品多数取り揃え!カラコン通販専門ショップだから安心│ガールズコンタクト
S